愛を生きるワークのご感想


 

K.U様

 

おわった直後
立つと大変グラウンドする。両足から背中、頭へ、よく通っていて
地から天空まで繋がる一体感。
本来の自分の感覚が増す。自分が太くなりしっかりする感じ。
終わってからも続いてる感じ。胸が暖かい。
 
浸透期間は
良い感じに過ごせてます。
なぜか思いがけず、ご縁で、それぞれ違う方からなのだけれど、
あの後、ワークをいくつも頂く展開になってしまい!
どれがどれのおかげなのか
実は判別付けがたい状態に・・!なってます。そして更に今週から合宿でワークを受けることにもなっており・・・。
でも、この愛を生きるワークをはじめて、どれも方向性が近くて本当に美しいワークなので、
私は今「愛を生きる」ことへと真っ直ぐに向かっていく時期なんだ・・・!?と感じています。。

2日目位には
その感覚に馴染んでいて、「変化」という感覚にならなかったのですが、
でも、むしろそれがこのワークのすごいところなのかナ??とも思いました。
本来の自分に、よりすんなり、なれる、ということで、
それが自然当然な感覚に、いつのまにか、なってしまうのかなー?などと・・。思いました☆
もしかしたら、自分でいることに、もっと照れなくなるのかもしれません。。

H.Hさま 女性

 

一回目、二回目を通じて、

夫が最近優しくなったというか、対応が柔らかくなった気がしています。

それから

今日気づいたことですが、以前は「自分を楽しませる」ことにも結構頑張っていた、

外へその楽しみを見つけようとしていたけど、

今は、普段の生活でも「楽しい」と感じ、

日常の穏やかさや豊かさに気づけるようになった気がします。

そのおかげで、私自身が楽に生活できるようになった気がします。

正直、ちびっ子と一緒にいるせいか、あっという間の10日間でした。

でも、一歩一歩自分が「愛に生きる」方向に進んでいる気がします。

そして、少しずつ、自分が楽にシンプルになっていく感じがしています。

そのせいか、以前は「何かを表現したい」と思っていたのですが、

最近は「存在していること自体がすでに表現している」ことと思うようになり、

「何かをあせってやろうとしなくても、タイミングがあれば来るだろう」と思うようになりました。

そういえば、昨日喉の痛みと発熱がありました。

 

発熱は「浄化?」とも思ったのですが、単純に疲れが出たのかもしれません(笑)

 


H.Hさま 女性

 

ワーク中は家でひと騒動あったので、エネルギーは全く感じませんでしたが、

エネルギー浸透期間中は、本当に微細な感じなのですが、「自分が本当にしたい事」を

チョイスできつつある感じがします。

あと、以前より、これも本当にちょっとずつですが、自分の中に力強さ、グラウンディングがう生まれてきて、「今、目の前のもの、身近な大切なものを思う存分楽しむ」ことに意識が向いています。

今は私自身も、家族も楽しいが一番居心地が良いと感じ、夫と子供の笑顔が何よりも嬉しい自分に気付きました。

また、日々の自分の色々な感情に気付くようになりました。

 

今は、「自己肯定」のフォーミュラーと、ほとんど眠ってしまうのですが、以前教えて頂いた

「ハート瞑想」のCDを寝る前に聴いています。

また、何か感じるものがあれば、メールしたいと思っています。

 

今は、自分のハートを大切にしていこうと思っています。

 

※以下はH様が受けられてから1カ月後くらいのご感想です。

 

●久しぶりに会った友人から、

「雰囲気が優しくなった。表情のくすみが取れた。」と言われました。

とても嬉しかったです。

改めて、「愛を生きるワーク」は私にとっては、自分を育むワークだと感じています。

 

●このエネルギーは、送ってもらう本人はもちろん、その周りの家族にも。愛を生きるエネルギーが伝わると感じました。

私がエネルギーを受け取ったことで子供にも、自分の感情を素直に表現するエネルギーが伝わっている気がしました。

日常を楽しく過ごすことがいかに幸せなことか、に気付かせてくれる、私にとっては本当にありがたいワークだと感じています。

今後、ゴールデンライトメッセージなど、「やりたい」と感じたとき、またよろしくお願いします。

 

 


これはこのワークを作った本人である私自身の感想です。

 

ワーク浸透後はじめて実家にいったときです。

 

常々、母の言動にストレスを感じていた私でしたが、

 

母の言う事すべてに否定で返していた自分だったことに

気付き、まず受け入れようと即座に変わりました。

 

興味深かったのは、

 

即座に変わったとはいえ

 

そうだね。という言葉を発するのに、間を要したということです。

 

「そうだね。」

母に対して、こんな簡単な言葉が詰まって即座に言えなかったのです!!

受け入れてみると(言ってみると)

否定しなくてもいいような事や

よく感じてみると本当は否定に思わないことも否定で返していたことが判ってきました。

子供の頃の反応のままだったのだと可笑しくなりました。

母に対して無意識もいいとこで

ちょー恥ずかしいですっ。

 

よかれと思って言った事、やっていた事も、けっきょくは

ありのままの母はNo!

という土台から発していたことだったのでした。

 

即座に変わってから母といるのがより楽になり、

一緒にいることが何でもなくなりました。

 

友人とのかかわりも、

大きな問題があるわけではないし、

会いたいからあっているのに、

内的な壁というのがありましたが

それがなくなり、一緒にいる時間がとても楽しくなりました。

個々のニークさを、繋がってることをより感じます。

 

そのほかに

部屋の整理をしていらないものは処分したのもワーク後しばらくしてからでした。

また、

人に頼みごとをするのが楽になっているように感じます。

 

それから、これも自分にとっては嬉しい変化です。

それは

女性としての自分へのオッケイ感です。

 

女性としての魅力に自信がなかったので、

女としての自分、たいして意識してませんでした。

 

見かけがきれいになったとか、

そういった変化で好きになったのではなく、

理由なんてなくて、ただ

自然に好きになったのです。

 

その後大好き感が増し、

 

大好き感は

しばらく続き(約1週間)

その後収まりました。

それは消えたのではなく、

大好き感が自分のなかに、土台に

しみ込んでいったように感じています。