フラワーエッセンスについて


その歴史

 古来から、世界中でお花のエネルギーから癒しや恩恵を受け取る、様々な儀式がありました。

 

 人間は昔から、自然にお花に親しみ、その恵みを感じていたんですね。

 

 そのお花のエネルギーをフラワーエッセンスとして体系づけたのは、イギリスの細菌学者の

エドワード・バッチ博士です。

 1930年代生み出されてから、現在まで世界中に使われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

フラワーエッセンスはどんなものか

 

ごくごく簡単に言えば、野生の花のエネルギー(波動)を、純粋な水にインプットしたもの。

 

匂いも色もないフラワーエッセンスは、アロマオイルと違い物質成分がありません。

(保存料の香りや色がある場合はあります)

 

 

天然由来なので、副作用がないため、年齢を問わずに誰でも使う事ができますし、動物や植物、石、環境にも使うことができます。

また、お薬や、他のヒーリングとの併用もできます。

 

使い方は、飲んだり、身体の周囲(オーラ)にスプレーして使います。

 

 

 

 

フラワーエッセンスをお勧めする理由。その働きかけ

 

工事中

 

 

 


マウントフジフラワーエッセンスとは  

 

マウントフジフラワーエッセンスは、富士山周辺に咲く野生のお花から作られた、日本ではじめてのフラワーエッセンスです。

 

特徴は、性格傾向だけにとどまらず、時空を超えた領域、深い領域などのさまざまな領域に働きかけます。

また、お花のエネルギーと共に、霊峰富士のエネルギーがインプットされているので、使っていると瞑想の質が深まり、意識の在り方が変化していきます。

それは、ネガティブ、ポジティブや、いい、悪い、などの二元性での好変化だけでなく、二元性を超えた領域へと意識が開かれていくといえるフラワーエッセンスです。

 

動物、植物にも安心して使えます。

また、パワーストーンの浄化や部屋の浄化にもご利用できます。

 

 

 


フラワーエッセンスで得られる気づきやメッセージは受け入れやすい?

 

私は、さまざまな個人セッションを受けてきましたが、どんなセッションでも、そこに起こったことやメッセージに対しての抵抗はない方だと思っています。

でもあるとき気づきました。

お花からのメッセージや、抵抗がなく、すんなり受け取りやすいから長年使っているんだなと。

 

フラワーエッセンスのセッションは、セラピストがリーディングしてボトルを選んでいますが、そこには、セラピストの価値観やマインドは脇にいて、お花達の応答、起こることに開いているんですね。

人間ですと、大なり小なり、その人のフィルターを通してになりますが、エゴのないお花からのメッセージは、傷つくこともなく、すんなり入っていくのだと思います。

 

 気づきやメッセージにとどまらず、必要な変化や働きかけをしれくれるマウントフジフラワーエッセンスは、瞬時の変化も多いと言う例もありますが、一般的には、優しく穏やかに、ジワジワときいてきます。

 

        <マウントフジフラワーエッセンスおすすめの例>

     開発者であるハートサポートシステム有限会社のパンフレットより許可の上転載)

 

・人生の辛い時期にいる方。

・否定的感情や思考、行動パターンから抜け出したい方。

・過去のトラウマ、家系の問題が現在の自分の人生を制限している方。

・変化、変容の時期にいる方。

・人生の目的をクリアにしたい方。

・より自分を成長させていきたい方。

・セラピー等、他の療法の作用を日常的に定着させたい方。

 ・今まであらゆる事をやってきたが、変わらなかった方。