浄化反応について


●フラワーエッセンスを使ったことで、

かえって良くないような症状や出来事が起こる場合があります

 

それは、

特に飲み始めの初期に起こることから、

初期反応ともいわれる浄化反応です。

 

 

 

 

<浄化反応の例>

〇発熱、微熱、だるさ、眠気のような不快な身体症状。

〇辛い、悲しくなる、などの精神的症状。

〇気持ち悪い夢や怖い夢等の悪夢。

 

〇似たようないやな出来事が続く。

 

浄化反応は、お花の整った波動によって、使う人のエネルギーボディが

調整されていく過程のなかで起こります。

それは、フラワーエッセンスが使用者にあっている、

つまり、作用されているサインと言えます。

通常は長期にわたるものではなく、数時間~2、3日ほどで症状がおさまります。

 

●では、浄化反応がないから作用されてないの?

といった心配もご無用です。

起こっても、起こらなくても、フラワーエッセンスは働きかけています。

 

プロセスを信頼して、自己観察しながら使っていきましょう。

 

 

浄化反応が辛い場合

通常は、激しいものではなく、使用者が耐えられる限度を超えるような浄化反応は起こらないと言われます。

 

浄化反応が起こったということは、使用しているフラワーエッセンスが合っている、作用されてるという、ある意味では、良いサインと見ることが出来ます。

浄化反応が起こったので、使用をやめてしまうと、せっかくの良いサインが表れているのに、それをやめてしまうということになるので、状態が厳しいのでなければ、継続して使用していくのが基本です。

 

ですが、特に敏感な方など、耐えられない症状が起こるケースもあると聞きます。

その場合は、飲む回数を減らしたり、一時的に使用をお休みされると、その状態が浄化反応であれば、おさまります。

また、浄化反応の時だけ、それに対応する別のフラワーエッセンスを使うこともできます。

 

 

継続するか、摂取量を一時減らすか、一時的にお休みするかなど、使用者の好みや状態によって対応は違います。ですので、遠慮なくお問い合わせください。

 

また、症状が長引く場合は、浄化反応ではないかもしれません。

そのような場合は、医療機関で医師の診断を受ける等の対応をして頂ければと思います。

 

疑問や不安を感じたら、遠慮なくお尋ねください。