浄化反応について


●フラワーエッセンスを使いはじめに、

発熱、微熱、だるさ、眠気のような不快な身体症状、

辛い、悲しくなる、などの精神的症状が表れたり、

気持ち悪い夢や怖い夢等の悪夢、

似たようないやな出来事が続く、など、

フラワーエッセンスを使ったことで、

かえって良くないような症状や出来事が起こる場合があります。

 

それは、

特に飲み始めの初期に起こることから、

初期反応ともいわれる浄化反応で、

お花の整った波動によって使う人のエネルギーボディが

調整されていく過程のなかで起こります。

それは、フラワーエッセンスが使用者にあっている、

つまり、作用されているサインであるとも言えるもので、

そのような状態が起こったときには、プロセスを信頼して

使用を続けていきましょう。

 

浄化反応は、通常は数時間~2、3日ほどで症状がおさまるもので、

長期にわたるものではありません。

 

また、

浄化反応がなくても、

継続して使用しているなら、フラワーエッセンスは作用していますので、

ご安心ください。

 

浄化反応が辛い場合

通常は激しいものではなく、使用者が耐えられる限度を超えるものは

起こりませんが、

特に敏感な方など、耐えられない症状が起こった場合、

その耐えられない症状が浄化反応であるならば、

一時的に使用をストップすれば症状は治まります。

または

継続していく場合、飲む滴数を減らすなど、

フラワーエッセンスは使う人が自由選択できます。

 

使用を一時休止するか、または浄化反応の時だけ違うエッセンスを使うなど、

使用者が自分で調整ができます。

 

また、症状が長引く場合は、浄化反応ではないかもしれません。

それはエッセンスを休止したあとの症状からわかることもできます。

 

浄化反応が激しかったり、長引いた場合や、

質問や疑問などありましたら、遠慮なくお尋ねください。

 


変化がわからないとき


 

使用しているエッセンスがあってるのに変化が感じられない時。

 フラワーエッセンスは、お花のエネルギーが人のエネルギーの身体に作用するものです。

 エネルギーという、微細な領域で調整なので、水面下で変化が進んでいきます。

 (ですので、変化を感じられなくても、すぐに使用をやめないで、一定期間使用していきましょう)

 しばらくしてから、なんとなく~のような気がする。 もしかして~かもしれない

 と感じるならば、変化が意識まで降りてきたサインです。

 その感じをよくみていきましょう。

 

使用しているエッセンスがあってないとき。

あってない、と言うのは逆にエッセンスのエネルギーと波長があっているという事です。

ざっくり言えば不調和を調和に整うことで変化が起こるので、あってる場合は変化はおこりません。

 

 (そういうことから、あわないエッセンスを使用しても副作用はないのです)

  

こういうような場合もあります。

使用しているマウントフジフラワーエッセンスが今の自分にあっていても、変化がない時は、

 「変化がない」事じたいが、マウントフジフラワーエッセンスからの応答のときもあります

 

このようなときは、自分が望んでいる変化は本当に望んでいるものなのか、自分の心にきいてみましょう。

使っていくうちに、様々な出来事や気づきを通して、フラワーエッセンスは応答しています。

その応答に気づいていくことで、より多くの恩恵やサポートを頂けますので、気づきはとても大事です。

 

※気付きのサポートにおすすめ→使用中にお勧めしたいこと